2017.08.12 Sat 06:30

透明で遊ぶ・ガラスの器




8月1-1



8月1




8月

この夏は、諸事情により蝉密度がアップしました



瀬戸物(陶磁)、ガラス、金属やプラスチックなど様々な材質の器がありますが
不透明の中で透明が遊べる器はガラスだけ、そんな器を作りました

8-10

楕円にカットした透明板ガラスの周囲を細くカットしたガラスで囲み


8-11

中に茶とベージュのガラスを敷、隙間に透明を詰、800度でフルヒュージング


8-12

焼きあがったガラスをサンドブラスで味付けしました


8-13

透明部分は一部を除き、裏も表もブラストしました


8-14

透明な部分が遊び心です


8-14-1



8-14-2

光や背景はガラスの表情も変えてくれます



こちらも一部透明をはめ込み

8-15

フルヒュージングしたものを、以前紹介したドラッピング(瑠璃絵造語)で器を作ります


8-16

今回は645度で焼成、645度では底が平らにならないので
底が平らな陶磁器に離型剤を塗り、重しにし、ガラスの底を平らにする魂胆です


8-17

底が平らになり、ガラスの垂れも良い感じです


8-18

この花模様につては次回詳しく説明します


8-19



8-20

透明な部分が形に遊びを与えています


8-21



8-22



8-23

一見、陶磁器の器に見えますが、透明がガラスだと言ってます


とっぴんぱらりのぷ


Top