See more details
INDEX

捨てる神あれば拾う神あり

奇跡がおこりました

私が使用しているアメリカのガラスメーカー スペクトラム社が7月に廃業しました

廃業は青天の霹靂、在庫品以外ガラスの入荷はかなわず、岐路に立たされました

ところがところが、スペクトラム社の継承者が現れました、思わぬ展開です

継承者はカルフォルニアに拠点があるオーシャンサンドグラスタイル社、ただ工場が

メキシコにあるため施設の移転等で正規の商品が出てくるまでは時間がかかりそうです

一方、継続を宣言していたウロボロス社が廃業、膨張係数96のロッドやストリンガーは

入手困難になりました。んー・・・なにがあるか分かりませんね


さて、次のイベント 手作りデパートにむけ、アクセサリー量産中です

はこ1

巷では小さな石やガラスが付いたタイピンが流行りだしたとか、試しに2個作りました

手前は濃いブルーに金箔、奥は濃いグリーンに銀箔をのせクリアを被せて作ったガラス玉です



はこ2

この画像は展示用ボックスの蓋をリメークしてトレーにしたものですが、着工前、蓋はガラスでした

(着工前の写真撮りそこねました)ガラスをベニヤに取り替え、床紙を張るとこうなりました

はこ3

これに最初の画像にあるアクセサリーをのせると

はこ4
こうなります、蓋には見えません


アクセサリー作りはまだ続きます

はこ5

これはイタリア、ムラノ島で作られているモレッティミルフィオリです、膨張係数が104で私が普段

使用しているガラスには合わないので、アクセサリー用にモレッティの板ガラスを一枚準備しています

小さな板ガラスの上にミルフィオリを置き、ガラス用の糊で固め高温で焼くと花柄の丸玉が出来ます

この技法は以前にも紹介しています、技法はこれからも出来るだけ紹介していきます なぜなら

これからガラスを始めようとしている人、始めたい人の参考になればと思っています

私も、ガラス作家のHPやブログの技法を拝見し、参考にしたりヒントにしています

はこ6


はこ6-1

前回のイベントで耳に穴が無いので、小玉のイヤリングが欲しいお客様がいたので、作りました


更に蓋のリメークが上手くいったので、こんな箱にも挑戦しました

はこ7



はこ8


完成品です、リメークした箱に同居人が作ったとんぼ玉の小玉を入れました

小玉は以外と使い道があります


はこ9

こんなふうにもなります、画像より現物の方が良いです



はこ10

私が作ったオーバル型のガラスにも小玉を付けて付加価値を上げました

とっぴんぱらりのぷ


全て手作りデパートに出展します

はこ11


同時開催です

はこ12

Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ