See more details
INDEX

カッティングマシン&サンドブラスト

 いやー今朝は冷えこみ厚い布団をかけました、秋田はストーブの準備です(笑)

さて、カッティングマシンで大切なのは刃先量の調整です。今私が使用している粘着

シートの厚さは台紙0.2mmmシートが0.1mmです。粘着シートは完全にカットし、台紙には

かるく傷が付く程度がベストなので刃先量は0.12mm~0.15mmぐらいだと思います。

カッティングマシンによっては刃先量を数字で調整出来るものもありますが、ステカの

刃先量は目視で判断し、何度かテストカットして調整します。

カットが終われば、ガラスに貼ります。カッティングマシンのマニュアルにはシートの

不要な部分を剥がし、必要な部分に前回紹介した透明なアプリケーションシートを貼って

アプリケーションシートの粘着力でカットしたシートを固定、剥がしとり、必要な部分に

アプリケーションごと貼って、ゆっくりアプリケーションシートだけ剥がす、と書いて

います。しかし柄が複雑だったり、シートが大きくなると非常に厄介な作業になります。

悪戦苦闘の末、考えついたのが、アプリケーションシートではなく、これです

か5

建築用養生テープ(マスキングテープ)です。塗装やコーキングには必需品で(一般には緑色)

ホームセンターの塗装コーナーで売っています。このテープ、バカとハサミ以上に

いろんな用途に使えます。紙製なので手で切れます、字が書けるので付箋にもなります

粘着力が弱いので何度も貼ったり剥がしたりできます・・・あとは使いようです(笑)
(入口などに横に貼れば侵入禁止のサイン、色んな目印に最適です)

カットしたシートに養生テープを貼り、シートの台紙を剥がし、シートをガラスに貼ります

粘着力はシートが強くテープは弱いので、ゆっくりテープをはがすとシートだけ綺麗に

貼れます。まー実際はそう簡単にはいかず、細かい部分はガラスから剥がれるケースが

多いですがシートではなく細いテープなので、剥がれた部分はピンセットでテープから

剥ぎ取りガラスに貼ります、それも上手くいかない時は別のシートをカッターで同じ形に

カットし貼り付けます。全部貼り終わった、削りたい部分のシートを目打かカッターで

根気よく剥がせばマスク完成です。

か6

あとは、ガラスが露出している部分に別のシートや厚いテープを貼ってスタンバイOK

今回は柄以外の部分も削ってアクセントをつけてみました。

か7



か8


一回目は少し深めに削り、次に花びらを剥がし、剥がした部分を弱く削ります

か9



か11
完成です、窓から見えるバラをイメージしましたが・・・んー ???


一輪刺しのガラスにも削りました

か12

終わりました へば
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ