2016.08.26 Fri 07:06

ガラスの粒が溶け合う日


前回に続いてアクセサリーの製作です、以前にも紹介しているので恐縮ですがガラスの

破片から簡単に製作できるので今のガラス事情の中では有難い技法です。

左手前にあるのがキャスティングモールド、ガラス用の鋳型???の様な物です

め11


このモールドに離型剤をスプレーし、規定の重さのガラス粒、フリットを埋めて830度で

焼くと完成です、今回は在庫の無くなった色や、色を混ぜて作りました。

め11-1
これが離型スプレーです、もっと安価だと色々利用するのですが(;>_<;)


め11-2
こうやて詰めます、何度も使用していると破損してきます、あと何個つくれるか心配ですね


め12
焼いて溶け合うとこうなります

大きさは、4グラム、6グラム、11グラムの3種類ありますが、今回は11グラムを主に

作りました、11グラムは意外と重いので皮紐でペンダントを作り、トップは交換自由です

め13


ディスプレイ用のベンチが手に入ったので、前回の作品と一緒に並べてみました

め13-1


さて、前回アップした欠片のペンダントに、九州の縁孫娘から便りが届きました

「ピアスにしたい」なるほど、爺婆とは発想が違いますね、私は単純なので、それではと

重さを考え、少し小さめでペアのトップを早々に作りました

め13-2


め13-3


しかし、なぜ赤いガラスは同じ温度で焼いても、焼き上がりの色が違うのだろう???

色合わせも駄目ですね、やっぱり「急いては事を仕損じる」って事で、再挑戦します  せば





め7-1



め7-2


Comments

pipco1980 #- URL

まいどです

きれいですね!

圧倒的に人気のある色目としては、琥珀(=アンバー、虫入り系)とか
オパール(ブルーベースに銀紙とか使います)、
さらには、瑠璃(!)=ラピスラズリ系などがなんと言っても売れ筋ですが、
色のちょっとしたニュアンスを間違えると、ぼろぼろですから、
とっても微妙なところです。
私など、そんな説明しても理解できないところを、
作家に理解させる役目でしたから、
いつも奮戦の日々だったような気がします。
更なる進化を期待してます!

2016/08/26(Fri) 11:35       

mbd管理人 #- URL

本当に。。。
うちの相棒も眉毛濃いのに頭頂部が淋しい感じですのよ。
不思議っ♪

ええぇえーーーー!!!
私なら買っちゃう(笑)
今は右と左で違うデザインをつけたりするし、
左上の三角のやつと右上の四角をそれぞれお買い上げしたいです。

2016/08/26(Fri) 16:10       

Pさんへ #- URL

Re: Re: まいどです

こんにちは
ガラスの色は難しいですね
発色原料の違いだと思いますが、その色が
一番輝く温度がそれぞれ異り、それを組み合わせて
焼くわけですから、制御不能です(笑)
いずれ在庫がなくなればBI社に乗換ますが
今のメーカーの3倍ぐらいの色数があるので
馴れる頃には、私が色褪せる・・・かも??

2016/08/26(Fri) 19:45       

スキップとうちゃん #lvqA0.CE URL

材料確保大変そうですが、怪我の功名で面白いものができちゃったりして楽しそう(笑)
ホント近くだったら弟子入りしたいです。
修行は材料確保とまかない飯作りと掃除。そしてトランポと会場設営・撤去からでしょうか。
大丈夫ですよ!
今時の子じゃないんで「 ぶ… ブラックやん … 」とか騒ぎませんからww

イベント毎週ですね。お天気に恵まれますように!

2016/08/27(Sat) 09:56       

スキップとうちゃんへ #- URL

Re: タイトルなし

こんにちは
とうちゃんは器用なので、いきなり
カットから入っても大丈夫ですよ

今使用しているガラスメーカーを初めて購入したのは
スターターセットで色は選べず10cmm角が20枚でした
それでもワクワクとカットしアクセサリーを作ったものです
今の在庫は30cm角と半端ですが、好きで買った色だけなので
色合わせも楽しみの一つです。

2016/08/27(Sat) 17:02       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/08/27(Sat) 20:46       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top