2016.06.02 Thu 06:30

ガラス技法のコラボレーション


本題前の四方山話し(泣きました)
毎日寝る前に図書館から借りてきた本を読みます、全冊読み終わると又すぐ借りてきますが
その間の繋ぎは古い文藝春秋です、読み直すのではなく、読み残した所を探して読みます
昨夜は2016年3月号、「肉体は消えても、言葉は今に生きている」3人の作家による
座談会の記事でした85年の日航機墜落事故で亡くなった方が、墜落する機内の中で家族に
書いた手紙や、5歳で病没した武士の娘が母に残した遺書「まてしばし なきよのなかの
いとまごい むとせ(数え6歳)のゆめの なごりおしさに」5歳ですよ、驚きですね
そして白血病を患った19歳の少女が、死期を悟り、シベリアへ出張中の父親に電話する話し
「色々お世話になりました、お父さんの子として生まれて良かった」
父親は動転し電話の向こうで、泣き叫ぶだけ、すると彼女は
「そんなに泣かないで、今度生まれる時、またお父さんの子になってあげるから」・・・
涙しました。



さて、当工房のガラス技法は、サンドブラスト、キルン(釜)とんぼ玉、と3技法あります

どの技法も工芸というよりは図工工作レベルです、でも、それで良いと思ってやっています

「好きこそ物の上手なれ」とは言いますが、今まで生きた経験から、全てがそうでは無いと

悟っています。「下手の横好き」とも言いますからね (笑)

ただ、当工房レベルでガラス3技法+布は珍しいと思います、珍しいと言う事は希少価値が

あるって事と都合良く考え、技法をコラボして作品にしてみました。

とんぼ玉、ガラスの香立です、鉄心の先端部分にガラスを巻きつけて製作します
(底は平らで穴はあいていません)

お1



お1-1


この香立をキルンで作ったガラスの香皿とセット(組み合わせ自由)で販売しようかと思っています

香皿は香立の柄が引き立つ様に単色で製作しました


お2



お3



お4



お5



お6




次は、キルンとサンドブラストのコラボレーションですが、当初はブラストする予定は

無かったのですが・・・・・

つ1

夏らしい色の丸玉でハートを貼り付け、さらりとシックな皿を作る予定でした、ちなみに

画像の右上の玉の入っている皿は、学生時代から使用してた書棚を洋裁室の陳列棚にしたので

ガラスの扉が不要となり、そのガラスで作りました、40年以上前の思い出のガラス扉が変身しました

その下のガラスパレットは、今年の春、玄関扉のガラスを店舗らしく透明に変えましたが

その時廃材となったガラスから作りました。思い出のいっぱい詰まった扉のガラスが形を変えて

こうして身近に置けるのはガラス屋の特権ですね。すみません脱線してしまいました、もとい

さらにもう一枚、別の色でも下地を作り、2枚一緒に焼きました

つ3


2枚焼くときは、温度センサーが棚板と棚板の間になるので、感知する温度が少し低くなり

結果、プログラムで設定した温度より、炉内の温度が高くなります。

ところが、ところが、その現象をすっかり忘れて、通常のプログラムで焼いてしまい、結果

予定より丸玉が融け、形も崩れ色は薄くなってしまいました。そこで、柄の裏側を

サンドブラストして、透明をスリガラスすれば、柄が目立つのではと考え、やってみました。

そして出来上がった皿です

つ10


つ11-2


まーこんな感じですが、これをヒントにサンドブラストとキルンをコラボさせて作ったのが


つ12

この皿です、もう少し工夫すれば面白い技法かも・・・と・・・勝手に思っています


つ13
このシリーズはこの3枚で終わりです


つ14
レースごしの光が面白かったので、もう一枚撮しました


次回は再びステンドグラス風、ヒュージングガラスを紹介します、もうすぐ焼きあがります




その後咲いた花

ジャーマンカモミール
ジャーマンカモミール 花が帽子をかぶっています


ヒペリカム
ヒペリカム ミツバチさんが訪問中でした


ラベンダー
ラベンダー


ラベンダー1
アップ


紫露草
紫露草 名前通り露が





たま0


手作りイベントへの参加予定

6月24~26日  秋田ふるさと村アートクラフトフェア
7月10日    イベントのきざし

あとりえ瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり  
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。

付記
2016年5月より、自宅販売品は訪問者への感謝を込め
「全品2割引き」にて販売する事を瑠璃絵営業会議で決定しました o(^▽^)o



Comments

coco #- URL

こんばんは^^。

お香立てとお皿のコラボ、素敵ですね!

瑠璃絵さんの電気炉、大きいのですか?
2段にできていいなぁ~

横手のクラフトフェア、きっと良いお天気だと思いますよ^^。
日焼け止めを忘れずにね^^。

2016/06/03(Fri) 22:16       

pipco1980 #- URL

毎度です

お香立て...とっても良いです。
複数個欲しいですね!
お皿の方は、とても個人的に、インドのお香を焚くことが多いので
ぜひとも「象さんモチーフ」を...いやいや妄想です、妄想。

2016/06/03(Fri) 23:23       

cocoさんへ #- URL

Re: こんばんは^^。

おはようございます
ほんとはもっと大きくて陶器も
焼ける釜が欲しかったんですが
工房内には置ける場所が無いんです
(お金も無いけど、(´▽`))
ただドレーピング技法が好きなので
(カップの上にガラスを乗せ、垂れさせる)
高さだけはこだわりました。
コメント有難うございます

2016/06/04(Sat) 09:32       

Pさんへ #- URL

Re: 毎度です

おはようございます
さすが、世界を股にかけた、元、〇得一流
商社マンだけあって着眼点が違いますね
インド、像、なるほどね
妄想で結構です、今後共アドバイス
期待しています。

2016/06/04(Sat) 09:41       

スキップとうちゃん #lvqA0.CE URL

香立てと香皿すてきですね
お香炊かなくても飾っておきたいですね。
あー その前に飾りが映えるように汚部屋なんとかしなきゃなんですが(笑)
技法の組み合わせで無限の表現力ですね。
偶然の産物の作品かもしれませんが、瑠璃絵さんのモザイクとかステンドグラス風の作風大好きです


2016/06/04(Sat) 20:13       

スキップとうちゃんへ #- URL

Re: タイトルなし

とうちゃん、かあちゃん、いつも有難うございます
基礎なるものが分からないで始めたガラスなので
今でも失敗して、あ、そうかって感じやってます
キルン(釜)にも色んな技法があるので、技法を
変えてステンドグラス風を作っているところです
明日はその第二弾をアップする予定です
完璧ではないですが(笑)


2016/06/04(Sat) 20:58       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/06/04(Sat) 21:25       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top