See more details
INDEX

世の中は 三日見ぬ間の 桜かな

「世の中は 三日見ぬ間の 桜かな」は江戸時代の俳人の大島蓼太の名句です

江戸時代も今も時の流れは変わらないようです、そして今日はひな祭り、早いですね

さて、三月は弥生、花札の世界では弥生は桜 桜の五光は役札、好きな札でした

おっと、花札なんて今時の人は分かりませんね、なにせ、こちとら渡世人だったもので(笑)

昔、よく通ったショットバー、女性バーテンダーの名前も弥生さんだったナー

南国では弥生に桜が咲くことでしょね、ご当地秋田は卯月中旬ってとこですが

弥生三月桜月・・・今日は「さくらさくら」でまいります
 (今朝の秋田、また沢山の雪が積もりました)


まずは、一輪挿しに桜をブラストした作品ですが、ひと工夫しています

四面ガラスの二面は下部に、二面は上部にブラストしています、器が透明なので

横からは、こう見えます、四面に上から下までブラストすると柄が重なって煩いです

さくら1


この角度でみれば満開になります

さくら2


さらに夜桜、夜桜お七にござりんす

さくら3


次はキャスティングモールド(型)にガラスの粒を詰めて高温830度で焼いたもの

さくら4


左は花の塊を透明で包み込んでいます、真中は花びら、右は満開のペンダントトップです

同じく、桜柄で製作したアクセサリーです

さくら5


さくら6


とんぼ玉です、花の形がイマイチですが、手作りですから・・・(言い訳です)

さくら7


こっちの方が良いですかねー 少し歪なところが手作り感があるかも・・・(言い訳です)

サクラ



次は、桜色のグラスに、桜をカットしたシートを貼り付けブラストすると・・・

さくら8



こうなります、全て「あとりえ瑠璃絵と仲間たち」に出展します。

さくら9



さくら10



いろんな桜を紹介したところで、瑠璃川です

桜11


我々が受験の頃は、遠方の場合、合否の通知は電報が主流でした、当時、電文は5字まで

5字を超えると別料金、なので合格は「サクラサク」不合格は「サクラチル」でした

ちなみに「フコ”ウカク」だと6字なんです。ドラマなんかでも「チチキトク」なんて

5字ですね、「サクラサク」「サクラチル」などとは結構粋な通知でしたね

エ、(つд⊂) 私ですか 「サクラサク」でした、ただし山桜ですがね(苦笑)




あとりえ


あとりえ瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ