2016.02.11 Thu 06:43

題名の無い本 & ゚♡゚・。♥。・゚♡゚


前回のブログで一部、方言、秋田弁で記載したのはこの本による影響が大きいです

はーと0
表紙です

題名が無いですね、へへ 背表紙に「男鹿寒風山麓方言民族誌」と書かれています

著者は「もの言う百姓」吉田三郎氏 滅び去ろうである秋田の方言を

「俺が集録せずして、誰がやる」との執念で書き上げた一冊、その方言数は1640語

私が読んでも分からない「ことば」方言も沢山ありました。

私は、現役時代、月一程度、業界団体の会議で上京していました

また、最初に就職した会社は東京が本社でした、なので、電話対応などでは、訛りが出ない様

気を使いました、まーある意味、エフリコギ(いい格好したがり)の青年だったんですね

当時、秋田は裏日本などと呼ばれていたんです、裏ですよ裏  今は裏が楽ですがね(笑)

まー この歳になって、工房にこもっていれば「サイ」とか「エドー」とか独り言がでます

通訳すれば 「サイ」軽い失敗時の言葉   「エドー」良いぞ、などの褒め言葉です

一応通訳しましたが、ちょっと違ったニュアンスで使われる事もあります

そんな事で、この本に感化され、そして秋田が大好きな人間として、これからは秋田の方言を

秋田の文化として時々、使っていきます、もちろん通訳?しますので大丈夫ですヨ (´▽`)

はーと0-1
本の前書きより


さて、ガラス工芸、キルンの原点はカットです、直線は数回体験すれば可能ですが、曲線

それも合体させるには、思ったより難しいです、なかなか一朝一夕では出来ない作業です

我流も良いですが、たまには基本も大切とハートの合体切りをしてみました。

はーと1

はーと2



まあまあ上手くいきました、「エドー」です(・∀・) 早々融着しましたが電気代を考えて

棚板を2段にして、同時に2枚焼きました、青いガラスは後日紹介いたします。

はーと3


上手く融着できたので、型に乗せ皿にしました、もちろん高台裏もブラストしましたが

削り過ぎで、上に重ねた赤が少し見えますね、でも6mmのガラスを2mm削ってもまだ

4mmあるので no problem 強度上、まったく問題なし、むしろ安定抜群です。

はーと4



はーと5



はーと6



あ、それから、バレンタインが近いので作った訳ではないですよ

バレンタインそんな事もありましたね、今は死語に近いかも、なにせ血糖値の関係で

ドクターストップならぬ同居人ストップです (勿論、同居人は沢山食べていますヨ)(´▽`)




西15



下のボタン、ブログ村は「あとりえ瑠璃絵」を少しでも多くの方に知って頂く目的で
設置しています。ポチッとクリックすれば、秋田発信のブログ一覧が現れます。
もちろん押して頂ければ瑠璃絵は「✿❀ぁりが(。◕ˇ∀ˇ◕人)㌧❀✿」です


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村


あとりえ瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。




Comments

mbd管理人 #- URL

(´∀`*)ウフフ♡

秋田弁、いっちょんわからんっ。

同じ日本語のはずなんやけどなぁ~(笑)

北九州弁は難しくないけど、
めっちゃ早いので、聞き取りが難しいんやよぉ~。
因みに私はすっごく早い方です(๑•̀ㅂ•́)و✧



ハート、最初結構ガタガタしてる?
と思ったら、焼きあがると綺麗に滑らかになるんですね。
驚きっ∑(゚ロ゚〃)

2016/02/11(Thu) 12:01       

スキップかあちゃん #- URL

エドー!
可愛いハートのお皿だぁ~。
赤の色が渋くて良いですね。
バレンタイン用にピッタリです。
トリュフチョコ乗せてみたぁ~い♪

瑠璃絵さん、血糖値に気をつけなきゃならないんですね。
チョコはやざね~!

2016/02/11(Thu) 20:39       

スキップかあちゃんへ #- URL

Re: タイトルなし

こんばんは
> エドー!
> チョコはやざね~!
あれ、秋田でも、駄目なこと「ヤザネ」って
言います、かあちゃん知ってた?
方言は味があります、なんかハマりそう(笑)
とうちゃんのダッぺは何語
福島に親族がいますが、ダッぺと言いますヨ

あの赤は白いガラスに透明系の赤を重ねました
奥行のある赤になります
アー、かーちゃんの専門分野でしたネ
ワリワリ

2016/02/11(Thu) 21:49       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/12(Fri) 07:05       

pipco1980 #- URL

毎度だス

「男鹿寒風山麓方言民族誌」
興味深いですね。装丁もすごく良いです。

私は父が東京育ちでいわゆる標準語、祖母が関西弁(神戸)でしたから、
秋田生まれの母は、秋田にいながら秋田弁も使えない苦しい状況だったそうで、
しかるに私のアイデンティティは、いったいどこ???って様相ですから
秋田弁なんかも、ある種の「学問」みたいに捉える悪癖がありますから
イントネーションは赤恥ものなんです。

えと、作品ですが、拝見する度に進化してるようで、凄いです。



2016/02/12(Fri) 14:18       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/12(Fri) 17:50       

Pさんへ #- URL

Re: 毎度だス

こんばんは
作品が日々進化して見えるのはまだ
低レベルの発展途上だからだと自負しています
人並みに製作出来てからが、大変だろうなー
そんな感じです
Pさんの写真こそ、日々進化しています
なんか、余裕が感じられますが

2016/02/12(Fri) 20:34       

しむー #- URL

こんばんは!!

高校に入学したとき
男鹿、南秋から通ってくる同級生の話す言葉がわからず
戸惑ったことを覚えています。

ハート形は
昔からの定番のデザインですね。
心臓を具象化したデザインなのでしょうけど
人を引きつける力がありますよね。
人を好きになってドキドキ・・・
ハートマークは永遠に人気なのでしょう。

2016/02/13(Sat) 01:03       

しむーさんへ #- URL

Re: タイトルなし

こんばんは
そうですよね、同じ秋田県なのに
方言はイントネーションも含めて
難しいですね
本を借りるとき、通常は
「この本貸して下さい」ですが
仙台弁だと
「この本貸してやって」と言います
最初は誰に貸すの?って聞き直したら
私にでした(笑)

2016/02/13(Sat) 10:21       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top