See more details
INDEX

地図に無いガラス その1

今日は立春、前日は節分ですね、節分は年4回あります

立春、立夏、立秋、立冬の前日は全て節分、季節を分ける・・・節分だそうです

秋田市は1月末まで雪の少ない冬でしたが、2月に入るとさすが降りましたね

2月3日、庭の雪です、秋田では何でもない風景ですが

とう0-2
スキップかあちゃん見てますか

とう0-3
30cmてとこですね

とう0-4
つららも育ってきました



さて、私の持っているガラスの指南書には載っていない技法で何枚か皿を作ってみます

まー歴史のある数々のガラス技法(キルン)で、数冊の指南書に載っていないって事は

邪道か無謀か、誰かがやったけど価値は無かったって事かもしれませんね

まー それもまた良し我が道です


以前作った陶器風のガラス皿がわりと気に入ったので、1枚目はガラスパウダーで

釉薬の様な模様が出来ないか挑戦してみました

パウダーを問屋に注文したところ2ヶ所とも在庫無し、他店だと定価なので

頑張って自分で作りました、パウダーは以前も作っていますが、結構面倒です

画像は白いガラスの淵に細いガラスを乗せて焼いた物と、作ったパウダーです

とう1
実はこのガラスで淵(防波堤)を作る技法は私が読みあさったバイブルには無いんです

淵の高さまでパウダーを詰めますが、最初は白、次に色物を散りばめて

最後に少し透明をふりかけてみました

とう2

とう3


焼き上がりました、んー微妙ですね、でも好みは人それぞれなので、皿にしました

とう4


とう5

作品を陶芸家さんに見てもらったところ、陶器の釉薬では鮮やかな赤は出ないそうです

陶器風にしたければ赤は暗い赤が良いとの事でした・・・が・・・まてよ 

鮮やかな赤は陶芸では出せない、て事はガラスだけの魅力  面白いではないか

今後の陶器風皿の製作に大いに取り入れる事にします


陶器の特徴には高台がありますね

とう6


ガラスのキルンで高台を作るのは超難度、ウルトラWXYZ  (ヾノ・∀・`)ムリムリ無理

陶器では高台の無い底を裾と言うらしいですが、形状上、安定感に欠ける場合もあります

そこで私が考えたウルトラHです

とう7

底をサンドブラストで0.5mm削りました、ガラスの高台裏です、安定します 特許かな(笑)

この技法、ガラスの指南書には、間違いなく載っていません、地図に無いガラスです



昨年は春先から季節、季節で、我が家の花々を沢山紹介しました、今年も紹介しますヨ

立春の日に第1号、多肉植物、錦晃星(キンコウセイ)です

とう8

とう9


春よ来い 早く来い ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦



西15




下のボタン、ブログ村は「あとりえ瑠璃絵」を少しでも多くの方に知って頂く目的で
設置しています。ポチッとクリックすれば、秋田発信のブログ一覧が現れます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村


あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。




Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ