2016.01.20 Wed 22:30

寒の港 少年に・・・


予報では連日暴風雪警報が出ている秋田県、しかしここ秋田市では雪が少ないです

今日も日中は青空、風もなく、気温も高く、なんか不気味 「女心と冬の風」でしょうか

そして明日は大寒です・・・・・寒と言えば、うかぶ一句


寒の港 少年に汽笛 一度きり  光治(俳号)

父の俳句です、モデルは私、小学生の頃です

寒1
凛々しい (笑)    船川港岸壁にて

父と2人で男鹿半島にある船川港に行った時に父が詠んだ句です

寒、冬に詠んだ父の句は少ないですが、少年時代の私がモデルとなった句も幾つかあります

寒卵の 数だけの家族 我まもる

寒卵 手の小ささを 母系とす

鉛筆を 削り過ぎたる 寒き部屋

消しゴムの やはらかき冬 十四才


俳句には情景が必要ですね、私が中学一年の時、母が他界しました

片親の私が高校の受験勉強をしている頃、詠んだものだと思います



晩年に発行した最後の句集、カバーは平和公園の冬景色です

寒2



私としては「寒の港 少年に・・・」が一番好きです

その色紙が色あせてきました

寒3

色があせないガラスでその文字と句を残したいと思いました

そして作りました

寒4


寒5

被ガラスのサンドブラストではこんな作品も作れます




さて、第一回秋田アートクラフト市が迫ってきました

かんかん6


宜しくお願いいたします





今後の予定
・第一回「秋田アートクラフト市」  1月28日(木)~29日(金)
  場所 秋田魁新報社内「さきがけホール」 時間 10時~16時

・第二回「あとりえ瑠璃絵と仲間たち」 3月11(金)~13日(日)
  場所 アトリオン3階A室  時間 11日 12:00~17:00 
                   12日 10:00~17:00
                   13日 10:00~16:00


下のボタン、ブログ村は「あとりえ瑠璃絵」を少しでも多くの方に知って頂く目的で
設置しています。ポチッとクリックすれば、秋田発信のブログ一覧が現れます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。

Comments

mbd管理人 #- URL

犬子部屋はクッションシートで、
家は全部タイルカーペットですよぉ♪
犬子部屋はこまめに拭き掃除をしたいので、
タイルカーペットからクッションシートに変えたのです(・ω・)bグッ
とぉきどきタイルカーペットの上で失敗するので、
その時は一枚外して水洗いしてます(笑)。

こうやって色あせないガラスに思いでを閉じ込めちゃうのって
素敵ですね。
ただどうやってガラスに文字を写すのかしらないので、
不思議ですΣ(゚д゚;) ヌオォ!?

2016/01/21(Thu) 20:28       

スキップとうちゃん #lvqA0.CE URL

寒卵君

秋田の可愛い寒卵君のキャップとグラスがやたらオサレなんですけど!
いまどきのバイク乗りみたいじゃないですか

句集まがね、句集くろがね 俳人兄弟で合同句集も刊行されて稀有な才能で作品を沢山残されていたんですね
時を超えて作品が残って人々に伝わっているのは素敵なことです

やがていつの日かお孫さんがこの被せガラスをしみじみ眺める時がくるんでしょうね
非売品の作品も沢山作らなきゃですね!

2016/01/21(Thu) 22:27       

しむー #- URL

こんばんは!!

懐かしいなあ。ゴーグルが付いた飛行帽。
冬になると
みんなかぶってましたよね。
マンガの影響だったのかなあ。

お父様の詠まれた俳句ですが
一句一句に
子供に対する愛情があふれてますね。
そしてそこに
亡き奥様の面影を見てたのでしょうか。

2016/01/22(Fri) 00:29       

スキップとうちゃんへ #- URL

Re: 寒卵君

あの帽子、秋田では結構流行りました
吹雪の日は、耳あて、とセルロイドのメガネを
かけて、雪の中を暴走してました。

まがね、くろがね、良く知ってますね、検索?
話した事はないので驚きました。
貧しい環境で育った父兄妹は、皆文学に長けてました
長男は詩、次男は小説(文芸首都に入選するが、28歳で他界)
長女、短歌(アララギ派)、四男、俳句 五男(父)俳句、六男、俳句
しかし、DNAは残してくれませんでした(笑)

2016/01/22(Fri) 08:42       

しむーさんへ #- URL

Re: タイトルなし

おはようございます
いつも、あたたかいコメント有難うございます
しむーさんも、ブログに素敵な歌載せますね
句や歌は、ときにとても大きな感動、哀愁を
与えてくれます。
今後のアップも期待しています。

2016/01/22(Fri) 08:49       

pipco1980 #- URL

毎度です

おはようございます
お父上の句も素晴らしいですけど、写真も味わい深いですね!
えっ?モデルが良いって….確かにオシャレです!。
云われてみれば確かにその通りな船川岸壁のゴツゴツした岩肌の感じも
何だかお父様の心情を端的にあらわしていて句とも合っています。
やっぱり素晴らしい!。
写真と一緒に句をブラストされることをおススメしたいです。

2016/01/22(Fri) 09:01       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/22(Fri) 09:39       

Pさんへ #- URL

Re: 毎度です

こんばんは
半世紀前の写真です、やっぱりモデルですか(笑)
写真ブラストは9年前に何枚か彫りましたが
あまり面倒なのと、フイルムが高くてやめました
まず写真をグレースケールの網点に画像処理します
それを透明なシートに印刷しますがインクジェットでは
ダメで、トナーのコピーが必要です、印刷が終わったら
写真ブラスト用のフイルムに重ねて、露光機で焼きます
紫外線があたった部分だけフイルムが脆くなります
そのフイルムをガラスに貼り、一番細かい砂(アルミナ)で
ブラストすれば出来ます、脆くなったフイルムは砂に混じって
しまうので、砂の清掃がこれまた大変です。
て事でやめました
でも、都会では需要がそれなりに有るので、ペイ出来るかも
最近はレザーでやられてる方もいるみたいですね

2016/01/22(Fri) 17:37       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/22(Fri) 22:09       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top