2016.01.03 Sun 07:00

キャスティング


画像は私の師匠、窯硝こと鎌田祥子先生が10年前、レクチャーしてくれた手書きの資料です

かま1

こうしてキルン、窯でガラスを融かす技法(おまけでとんぼ玉)の特別授業をしてくれました。

卒業製作はキャスティング パート・ド・ヴェール 鋳込む 900度の高温で焼く技法でぐい呑

を作りました。

まず、粘土でぐい呑を作ります、出来上がった粘土の外側、内側を石膏で固め型を作ります

出来た、型の隙間にガラスの粒を詰、900℃の高温でガラスを融かします、解けたら、10時間

以上かけ常温まで温度を下げ、石膏を割ると、ガラスの器が出来あがります。

要は、石膏で鋳型を作り、型の中に詰めたガラスの粒を高温で融かして、のちに徐冷して製作

する技法です。

2個、作りました。ガラス特有の光沢を出すためには、この後、磨きの作業があります、これが

とても時間のかかる作業なので、製作講義はここまででした。

自分で工房を開設してからも、ぐい呑はずっと飾っていましたが、なんとか光沢を出し、来年の

正月には自分で製作した、ぐい呑でお神酒を呑みたく、磨く事にしました(昨年の暮れの話)

ところが、これを磨く道具は所有していません。

なぜなら、パート・ド・ヴェール技法はハードルが高すぎて、当工房の範疇では無いのです。

今ある道具ではルーターにフエルトをセットし、セリウム付け、水で濡らし、気長に研磨すれば

出来そうですが、何時間、いや何日かかるやら。

そこで考えた技法は、ぐい呑全体をサンドブラストし、ガラス全体を削り、その後、窯でガラスの

表面を融かし光沢を出す。

しかし邪道ですし、無謀です、なぜなら光沢が出る温度では、ぐい呑の形も崩れてしまいます。

エィー、何事も経験、と、やっちゃいました。

興奮、高揚で、焼く前の写真、撮り忘れてしまいました、焼く前はこんな感じです。

かま2
ヘタッピーですねー もっと趣のある形でした、画像がないのはとても残念です


そして焼けました、確かに光沢は出ましたが

かま2-4



かま3


(´・ω・`) アハハハハ ヽ(;▽;)ノ しかし、見方によっては面白い。

赤は、ぐい呑ではなく小皿にして

かま4


どうでしょう

ランチョマットは同居人の作品、箸置き、小皿、ぐい呑は私の作品、吹きガラスのお銚子は

購入品ですが、ガラスのお神酒セット完成。  なんと瑠璃色です。

自分で作ったぐい呑で呑む、酒は苦いかしょっぱいか 旨い~ ヾ(*´∀`*)ノ

まーこんな事で、今年も、ガラスと戯れてまいります。


それにしても暖かい正月です、エルニーニョの仕業でしょうか

日本の四季が歪んでいます。

昨年は夏の次が冬でした、今年は秋の次が春になるのでしょうか

それとも冬将軍は奇策を練り、一気に背後から攻めてくるのでしょうか

だるま
雪だるまは、戦いに敗れこの有り様です


つばき
正月に雨、そして庭の椿が咲きました 初めて見る風景です


大自然の中の、大河の一滴、流されるだけですが

今年は、清流の中を、ゆっくり流れたいと願う H2Oのクラスターでございます。





下のボタン、ブログ村は「あとりえ瑠璃絵」を少しでも多くの方に知って頂く目的で
設置しています。ポチッとクリックすれば、秋田発信のブログ一覧が現れます。
今年もクリックして覗いて下さい


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村




あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポチポチですが、お客様が覗いてくれます、遠慮なく覗きに来て下さい。
(現在、模様替え中です、様子は後日、ブログで紹介いたします)

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。


Comments

スキップかあちゃん #- URL

パート・ト・ヴェールは研磨に時間がかかるんですね!
ガレやドーム、ラリックのガラスって憧れだったんです。
いつか小さくても本物が欲しいなぁ~と若かりし頃に思っていましたが、
今でも持っていません。めちゃお高いですしネ。

瑠璃絵さんのぐい呑み素敵です!
情緒がありますね~。
パート・ト・ヴェールでは出ない可愛さがたまりません!
特にブルーの方が気に入っちゃいました。

いろんなアイデアでチャレンジするのって楽しいし、
面白いですよね。
また「エーイ、何事も経験!」作品を楽しみにしてますね~(^^♪

2016/01/03(Sun) 08:56       

スキップかあちゃんへ #- URL

Re: タイトルなし

♪。ォハ(ღˇ◡ˇ)人(ˇ◡ˇღ)ョォo♪
かあちゃん、コメントありがとう
ガレ んー 良いですね
ガレのパート・ド・ヴェールは真骨頂ですね。
他にエナメル、アップリケなど現代ガラスの基礎を
築かれた、ガラスの神様です。
市販されているガレ風の器はほとんどが数色の色を
重ねた被ガラスをサンドブラストした物です。
被ガラスはガラス職人が作り、それを、ガラス作家が
何日もかけて製作するので、やはりガレ風でも高価です。
本物はなかなか手に入らないと思います。

年末、孫が送られてきた時、かあちゃんのチクチクみて
あー「たくみ」だーと喜んでいましたよ
ありがとうございます、もちろん今もコーナーの
真ん中で、愛嬌ふりまいていますヨ。ヽ(*´∀`)ノ

2016/01/03(Sun) 10:30       

mbd管理人 #- URL

今日でお正月管理人画像は終わりですよぉ(笑)。
顔丸出しですからね。
お正月三が日来てくれた方へ、管理人はこんな人なんです~の写真です☆

ぽってりして可愛い作品💛

北九州、今日は一段とまた暖かかったです。
うちの犬子は大喜び(´∀`*)ウフフ♡

2016/01/03(Sun) 13:42       

ガラスアートつな #- URL

ガラスが可愛いです!
今年もよいお年でありますように!

2016/01/03(Sun) 21:44       

ガラスアート つな様へ #- URL

Re: タイトルなし

おはようございます
コメントありがとうございます
雪無いですね、ビックリポンです
体調いかがですか、なんかお疲れさんの
ニュースが・・・
ご自愛のほど

2016/01/04(Mon) 07:22       

 # 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/01/05(Tue) 07:55       

しむー #- URL

こんにちは!!

ガラスは奥が深いですねえ。
まあ、失敗も明日の糧になりますからね(#^.^#)
失敗の積み重ねが
やがて良い作品を生むのでしょうし・・・

カンツバキではなくヤブツバキですよね。
もう咲いちゃいましたか!!!
今年の冬は暖かすぎですねえ。

2016/01/05(Tue) 09:08       

しむーさんへ #- URL

Re: タイトルなし

おはようございます
奥が深いですね、底なし沼です
なので10年も続いたのかも
これから先も見えません
だから、続けて行くと思います
コメントありがとうございます

2016/01/05(Tue) 10:02       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top