See more details
INDEX

バカとハサミとティーカップ

「バカとハサミは使いよう」特に工房でハサミは大活躍しています。

ば1
全て百均のハサミですが、ブラストマスクや離型紙の切断に大活躍しています

ば1-1
こちらはガラス用ハサミ、切るというよりカットですね、必需品です。


私のガラス制作にセオリーはありません。

新しい釜は、12ステップの温度管理プログラムを入力できますが、教本通りに入力したのは

3ステップだけ、他の9ステップはプログラム出来ない釜で、失敗に失敗を重ねて身につけた

温度管理を入力、記憶させています。実際、使用するのは自前のプログラムがほとんどです。

小さいものだったら、教本の半分以下の時間で焼き上げます。

道具、工具は昔から集めるのが趣味だったので、工房や倉庫に溢れています。

ドライバーだけでも特殊なもの含めて大小20本ぐらい持っている、変なおじさんです。

ホームセンターが大好きで、変った道具を探したり、何かガラスに使えそうな物がないかと常に

アンテナをはっています。 そして見つけました、SUSのティーカップ、底の形状、大きさ高さ

ドレーピング(今月12日にアップしました)にピッタシ、探し求めていた形状です。

ば2
ティーカップを逆さにして台にします。


正統なガラス工房の方が見られたら、吹き出すかも フフフ しかし使えるものは何でも使う

バカとハサミとティーカップは使いようなのです。

早速、作業に取り掛かりました。

ば3

今回も透明にこだわりましたが、光を透したシルエットも綺麗なので、ガラスは全て透明系です

光の三原色を使用してみました

切断したガラスは独自のプログラムでフルフュージングして融着しました(775度、15分キープ)

ば5

融着したガラスを、ティーカップを逆さまにし、離型紙を敷いてのせます。

ば6

その上にまた離型紙を敷いて、底が平らになる様に重しをのせます。(今回は古い釜を使用)

ば7

そして釜のスイッチオン、この釜は4面が発熱するので、釜内の温度差が少ないです。

しかしこの釜は、温度計は30度刻み、コントローラー無し(廃番)急激な温度上昇、安全装置

無し、運転ランプ無し、よくぞ売たなP社さん。使い物にならないし、P社はフォロー無しでした

何枚ガラスを割ってしまったことやら、しかしそんな状況を解決するのが、なぜか楽しみな私

以前にも紹介してますが、スライダック(変圧器)とタイマーコンセント、スマホのタイマーを

駆使し温度管理、百均から購入したLED豆ランプで、運転ランプを作りました。

最初は50ボルトからスタート、運転ランプも点灯しました。

ば8

50,60、70ボルトと電圧を上げ実験ノートの温度で目視、スイッチオフあとは自然徐冷です

釜の断熱は良、5時間待ってご対面、こうなりました・・・自分では成功だと思います。

ば9

こんなバカな焼き方をしている人は、世界で私だけ・・・かも

ば10


太陽の光で透明系ガラスの裏を楽しみたかったけど、あいにくの雨、スタンドの光でガラスの

魅力を味わいました。

ば11


ば12


ば13

四つの角が、それぞれ異なる角度で曲がっています、これがドレーピングの楽しみです。



最近、焼き物ばかり作っているので、サンドブラスト装置が真っ赤になって怒っています。



ば14

ハハハ、元々赤でした。でも、何を彫ろうか、絵でも彫るか・・・(ヾノ・∀・`)ムリムリ無理



読み終わったら下のボタンを押して水を流して下さい。
スマホの方はタッチでも流れますヨ
水が流れると、秋田市発信のブログが沢山、洗われます、ではなく、現れます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポチポチですが、お客様が覗いてくれます、遠慮なく覗きに来て下さい。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。




Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ