2015.11.22 Sun 22:39

ガラス 透明の微笑み


今年の5月28日、アースカラーのガラス作品を紹介しました。

以前
5月28日アップした画像です。

お陰様で、早々、お婿さんとなって旅立ちました、お客様、有難うございました。

この皿は透明なガラスの上にアースカラーのガラスを並べて焼いたものですが、透明なガラスは

載せたガラスが温度変化で暴れない様にするのが目的です。何度か紹介していますが、ガラスは

高温で溶けた後、徐冷すると縮みます、なので縮む前に透明な一枚ガラスと融着する事で、上の

ガラスは安定した形で縮む事になるのです。

同じような配色ですが今回の作品です。

と1

透明な目地が作風を変えてくれました。しかし2箇所ほどガラスが暴れています。

暴れは手作りの味だと思って下さい、ヘヘヘ

暴れた原因はカットにあります。ガラスのカットはガラスカッターを使用しますが、カッターは

ダイヤモンドカッターとローラーカッターの2種類があり、今はローラーカッターが主流です。

直線は定規にカッターを沿わせて傷(スコア)を付け切断しますが、慣れないとなかなか寸法

通りにはカット出来ません、それはカッターの形状にあります。紙を切るカッターは定規の寸法

通りに切れてくれますが、ガラスカッターは下図の様に、5mmの先端の真ん中に刄があります。

なので、定規をあてた寸法より2.5mm、大きい寸法でガラスが切断される事になり、定規は

切断したい寸法より2.5mm小さい寸法にセットする必要があります。2.5mmmこれが意外と

曲者で、慣れるまでは、それなりの経験が必要です。

と2

今回の作品は30mm×30mmのガラスを16枚切断しましたが、正確に傷(スコア)を入れても

ガラスは④の様に切断されるとは限らず、⑤の様に切断される事もしばしばです。

勿論、私の未熟な技術が招いた結果ですが文献によるとガラスは原子、分子が不規則に並んだ

物質であり、不安定な性格の持ち主と記載されています。不安定なガラスは気まぐれです。

30mmより大きく割れた部分は削って修正しますが、小さく割れた(⑤右側)は削ると30mm

以下になってしまいます。不可のガラスは捨てて、再度、切断すればいい事ですが、正確無比な

形に私は執着しません、だからって適当に作ってはいません。

工程です

と3

まず、作図します、小さな四角は30mm×30mm 目地は5mm 従って下に敷く透明なガラスは

135mm×135mmになります。

と4

135mmにカットした透明なガラスを図面の上に敷、その上に30mmのガラスを図面に合わせ

敷き詰めて、ガラス用のノリで仮止め、この時点では、ガラスは整然と並んでいます。

次の日780度で焼き、ガラスを融着しましたが、2箇所暴れました。


と5

さらに、次の日、融着したガラスを型に載せ700度で焼き、重力で型の形にして完成です。

と1


と6


5月の作品とは趣が異なった、透明を主張したガラスが出来上がりました。

陶器では作れない、透明   ガラスが微笑んでいます。



付録
なんと、我が家に初めて「びわ」の花が咲ました。「びわ」の木は、我が家の「旅立ちの部屋」
の窓際に勝手に芽を出しました、多分息子が「びわ」を食べ、窓から捨てた種から発芽したと
思われます。誰も植えていません。「旅立ちの部屋」は居住空間から離れた一室で、三人の
子供が、我が家から旅立つ前の数年、順番に使用した部屋で、今はガラス工房となった部屋
です。多分発芽してから20年ぐらいだと思います。
そして初めて花が咲きました。

びわ1


びわ2






読み終わったら下のボタンを押して水を流して下さい。
スマホの方はタッチでも流れますヨ
水が流れると、秋田市発信のブログが沢山、洗われます、ではなく、現れます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポチポチですが、お客様が覗いてくれます、遠慮なく覗きに来て下さい。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。




Comments

スキップかあちゃん #- URL

素敵です!

瑠璃絵さん、おはようございます!
とっても素敵なお皿ですね。
透明なガラスと色ガラスが絶妙なバランスで、
融合していて綺麗!
今回もお皿から、瑠璃絵さんの優しさを感じました。

「旅立ちの部屋」素敵な響きです!
ビワの実がなるのが待ち遠しいですね。
きっとお子様が捨てた時の、ビワの実の味を
楽しめると思います。
タイムマシンに乗ったみたいですね。

2015/11/23(Mon) 10:40       

pipco1980 #- URL

毎度です

アースカラーのお皿….瑠さんのオリジナリティも含めて
素晴らしいと思います。今後は、このお皿に何を盛りつけるか?
という提案やストーリーを構築できれば、さらに素晴らしいものに
なると思います。

ウチの家人の九州の両親は、いつも枇杷の葉を大量にもって上京してきて、
「あんたらもこんな東京なんかに居て、つかれてるやろ」と、いつも
枇杷お灸(!)してもらいます。良い香りと葉っぱ越しの柔らかいお灸が
クセになります。

2015/11/23(Mon) 12:20       

スキップかあちゃんへ #- URL

Re: 素敵です!

かあちゃん、こんにちは
コメント有難うございます
ビワの実なると良いですが
実を付ける為には、摘房、摘莟が必用らしいです。
同居人がやれば簡単にできますが
同居人は超、超、超高所恐怖症、なので私がやりましたが
ぐちゃぐちゃになってしまいました ゚(゚´Д`゚)゚
なので、実がなるか心配です。

2015/11/23(Mon) 13:39       

Pさんへ #- URL

Re: 毎度です

こんにちは
枇杷お灸ですか、いい香りですか
お灸は難しそうなので
葉っぱを焼いてみようと思っています。

2015/11/23(Mon) 13:47       

しむー #- URL

こんばんは!!

色つきのガラスが格子状に並んで
光を通すと綺麗ですね。

へぇ~~!!
秋田でビワが育つんですねえ。
雪が降る秋田では、実生は厳しいでしょうかね。

2015/11/24(Tue) 01:24       

しむーさんへ #- URL

Re: タイトルなし

おはようございます

ビワの花、寒くなってから、しかも
20年目にして初めて咲いたのでビックリです。
これから寒くなれば、実は難しいと思います
でも、花が咲いてくれただけで感激です。

2015/11/24(Tue) 09:30       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top