See more details
INDEX

ガラス魔女は手ごわい

今回は約束通り、透明でアクセントを付けた、真ん丸のガラスで、大好きなドレーピング

技法(重力だけで形を作る)で、皿を作ります。

ど1


まずは、下地に透明なガラスで直径150mmの円を作ります、手でカットするか、画像の

カッターで切断するか悩みました。通常、円をカットする機械は高額ですが、画像のモノは

ネットで驚くほど安かった、ただ、ネットには、最初は練習用のガラスでコツを掴んで下さい

と書いてある。ンー・・・? まー通常の直線切りのカッターと同額だったので、ダメ元で

即買いしました。

練習用のガラスも販売していましたが、我が家には廃棄予定の書棚があるので、そのガラスで

練習してみましたが、芯の吸盤はずれる、歯は切れない、円周にオイルを付けなきゃいけない

その他、三枚目でやっと成功しました。やはり金額だけの機能かと、棚にしまっていましたが

真ん丸のガラスを切りたくて、久々に使いました。 が・・・

ど2

この通り、安物買いの銭失いです。エ、エ、エ、 腕が悪い、そういう言い方もありますね。

悔しいので再挑戦

ど3

なんとかカット出来ました。


ここで、前回の失敗を教訓に、厚紙で150mmより2mm小さい148mmの円をカット

ど4


ど5

この厚紙を Clear、Nauve、Celadon・Green、Crytal・Opal、Ivory 5色のガラスに載せ

マジックでなぞると、150mmピッタリの円を書けました。お見事?・・・当たり前ですね

ど6


ど7

あとは、線上にカッターで傷を付け、カット完成。

ど8
切断したガラスを透明な円のガラスにのせると、この通り

一回目は高温780度で融着しました(フルフュージング)

ど9
どうです、真ん丸の綺麗なガラスが焼けました、右下の透明がポイント。

焼き上がったガラスを円柱の台に乗せます。

ど10

さらに、過去の経験から、皿の底が丸くならない様に重しを乗せます。

ど11

窯入れです、こんな焼き方している人は、たぶん世界で1人かも、ハハハハ、良いんです

瑠璃絵流です。

ど12

あとは重力とガラスの戦いです、どんな形になるか楽しみです。

実験ノートを見ると「620度で垂れず、625、630と設定を変えたら垂れた」と書いてある

さらに「キープは20分」と、なので、630度で20分キープに設定しスタート、スタート温度

から計算すると6時間ぐらいで630度に達するので、6時間後工房に入り温度計が630度に

達した時、素早く窯を開け目視・・・ン 少しも垂れてない・・・・考え中、考え中

温度を上げるか、キープ時間を長くするか・・・考え中、考え中

新しい窯のプログラム加熱中、温度を調整する方法は先日、マスター、 キープ時間の変更は

まだ理解していないので、キープ時間の変更に挑戦 、取説を注視、オオなるほど、なるほど

ここがB型の悲劇、細部まで見ずに着手、画面にHLdtが表示されたら▲を押してと、ピピピ

と3回押したら35分に、あわてて▼を押したが下がらない・・・ン・・・再度説明書

キープ時間の変更は▲を1回押すごとに5分延長、HLdt 表示中に▼を押すとキャンセル

ガチョンー(古い古い)ビックリポンである。

その後、温度を上げる度に35分間のキープ、結局窯の前に2時間、最終温度は660度

蓋を開けたら垂れ始めたが、その後の35分は吉か凶か、窯のスイッチを切れば徐冷が早く

ガラスが割れる可能性もある・・・エーイ、後は野となれ山となれ(本音は失敗を確信)

釜のスイッチは切らずに、肩を落とした老兵は工房から去っていきました。

続く



予告編

失敗は成功の元、とは言うものの悲劇が悲劇を呼ぶ、しかし老兵はガラスを愛してやまない



コマーシャル

読み終わったら下のボタンを押して水を流して下さい。へへへ
スマホの方はタッチでも流れますヨ
水が流れると心が洗われ、前向きになれますヨー


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

あとり瑠璃絵の作品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポチポチですが、お客様が覗いてくれます、遠慮なく覗きに来て下さい。

委託販売 由利本荘市  ざっかや にこり 
にこりさんのHPには等ブログリンクより入場できます。
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ