See more details
INDEX

水に流れた4日間、ン、そうか?

久々にパウダーヒュージングに挑戦しました、パウダーヒュージングにも色々な技法が

ありますが、私が制作するのはガラス板にパウダー状のガラスを載せて焼付、被ガラスを

作って、サンドブラストで柄を彫り、再度焼いてツヤを出し、最後に型の載せ、再度焼き

絵柄(今回は紅葉したもみじ)の入った皿を制作する魂胆です。

パウダーやフリット(粒)は市販されています、これは透明なパウダーとフリット

ぱ1

しかし、私は、基本的に全て手作りで制作しています。

まずは、紅葉したもみじですので、赤いガラスを準備します

ぱ2

細い棒状に切断します

ぱ3

これを、細かく切断しフリットにします、ここまでは以前も紹介しています。

ぱ4

次にフリットを砕いてパウダーにしますが、使用する道具です。

ぱ5

大昔の鉄の灰皿にフリットを入れ12mmの全ネジボルトでガラスを砕きます

名づけて、瑠璃絵式、手動粉砕機

ぱ6

ガラスが飛び散らない様、ビニールの袋の中で作業します。

ぱ7

細かくなりました。

ぱ8

さらに、乳鉢で砕きます、教材によっては水を入れろと書いているモノもありますが面倒です

ゴシゴシと力まかせでつぶします。

ぱ9

細かい網で粒度別に仕分けして完成です。

ぱ10

今回は4色使用しますが、他の色は以前作りました。 なんとこんなに作っています。

ぱ11


さて、本番んです、バックの板ガラスを切断し、その上に透明のガラスを被せ、さらに絵柄を

想定しパウダーをふりかけ、焼き付けます(1日目)

ぱ12


ぱ13

焼きあがったガラスに絵柄を貼り、余計な部分をサンドブラストで削ります、ザラザラに

なるので、もう一度焼いてツヤを出します(2日目)

ぱ14


ぱ15


ぱ16


焼きあがったガラスを型に入、再度焼き皿を作ります(3日目)
残念ながら、画像撮り忘れました、スミマセン


4日目の朝完成です。

完成

私は作品が出来上がれば必ず、同居人に見せます、長いこと同居していると、作品を見た

顔だけで、作品の良否がわかります。

この皿は不可の様に思われます、顔が言っています。薄々感じていましたが感想を尋ねると

なぜ、緑の葉があるの・・・
絵柄が大き過ぎる・・・
レイアウトがイマイチ・・・

らしき事を、やんわりと言われました、気合を入れて制作していたので、気遣いでしょか


落ち込みました・・・が、反省点も、一番の原因は構想をしっかり立てずに制作した事です。 

しかし、手作りです、これが良と言う人がいるかも・・甘いか・・甘いね・・いや分からない

よーし リベンジだ

乞うご期待



今後の予定
・あきた大文化祭 市民クラフト 10月10日~12日  アルヴェ
           クラフトの店舗や屋台も出展しますが、三日間、秋田を
           代表する、シンガー、演奏、踊り、お祭りなどもありますヨー
・ABS Presents 第10回手作りデパート 10月17日~18日  秋田県立武道館
           同時開催のプラチナ博の今年のゲスト歌手は
           17日 沢田知可子 18日 野口五郎 入場無料です
ブログランキングに参加しています、よろしかったら応援クリックお願いします。
↓ (((^-^))) 秋田市情報をポチ、あ、ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

商品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポチポチですが、お客様が覗いてくれます、遠慮なく覗きに来て下さい。
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ