See more details
INDEX

安藤忠雄・県立美術館・著作権・最終章

建築にあまり興味の無い人には苦痛な文章でしたが、これが最終章です。スミマセン

しかし、オリンピックエンブレム、再燃しましたね、デザインの世界は良く分かりませんが

佐野氏は疑惑が多すぎます、さらに、関係者の対応の鈍さにも責任が有ると思います。

今回の拙いブログはなぜかタイムリーですね、著作権の壁、さらに秋田の行事も時を同じく

してミュージカルがスタートしました、まったく意識していなかったので、ビックリです。


さて最終章、正面からみた美術館を私が撮りました、著作権に縛られた画像より良いですね。

全景
前に植えられた木は千秋公園の土手でもイメージしたのかな?


この画像からすれば真四角な建物がイメージされますが、実は美術館は、平面的に
(上空から見れば)ほぼ三角形の建物なんです。

三角

安藤は現場から見える旧美術館の屋根の形状を踏襲し新美術館をプランしました、それは

三角形を基本に構成される、動きある建物だったのです。

平野
三角形をイメージさせる旧美術館の上部


さ
新美術館の入口吹き抜け上部の三角のトップライト、写真下手ですね


ラウンジ
ラウンジにも三角の光が



ラウンジから望む風景は千秋公園を囲む堀の水と、ラウンジの水庭がつながって、その先の

視線が遠くに抜け、公園の一角で木々からひょっこりアタマを出している旧美術館とまるで

対話している様な感覚、それが新美術館への安藤の想いだったのです。

2階
写真が下手で水庭と、お堀の水がつながっていません、残念 (時期もありますね)

かい1


階段
打ち放しの螺旋階段、凄いですね、型枠大工の技が光っています


AU
この画像、隣の建物AUのエレベーターの中、三階から撮りました、著作権ありですね 笑




マーク


そして美術館のシンボルマーク、それも三角形ですね、しかしこの三角形は別物です。

学術員にたずねるとシンボルは公募だったそうです。

採用されたのは、グラフィックデザイナー 南部俊安が考案されたもので、秋田のイニシャル

A ArtのA をモチーフにデザインされたもので Aが三角形で、全体の構成も三角形です

中の三角形は。人の交流をイメージしているそうです。

もしかして安藤の想いが、南部氏に伝わったかもしれませんね。


参考までに秋田の行事のチラシです、見た人の話しでは、感動ものだそうですが、わたしは

ミュージカルはどうも m(_)m

まさよし


号外
ブロ友より コメントが入り、Google画像「安藤忠雄、事務所、本棚」で検索すれば、本棚が見れました。
私は「安藤忠雄建築研究所、事務所内部」で検索しても出なくて諦めてました、まだまだですね。
是非、本棚で検索し画像見てください。 ○むーさん 有難う


終わり。




今後の予定
・ABS Presents 第10回手作りデパート 10月17日~18日  秋田県立武道館
           同時開催のプラチナ博の今年のゲスト歌手は野口五郎です。
ブログランキングに参加しています、よろしかったら応援クリックお願いします。
↓ (((^-^))) 秋田市情報をポチ、あ、ありがとうございます
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

商品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
ポツポツお客様が顔を出してくれます、遠慮なく・・・お待ちしております
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ