See more details
INDEX

アート&クラフト 最終章

当店は店番が2人なので、私はふるさと村を毎日探索と運動を兼ねて歩きました。

ふるさと村には色んな工房も常設していて体験も出来ます。

歩く度に気になっていたのが似顔絵屋さん。

色んな有名人の似顔絵を展示していましたが、実に良く似ていました。

て、事で、私も書いてもらいました。料金は2000円との事「なにか注文ありますか」

はい「10歳ぐらい若めに書いて下さい」「あいよ」 と筆を出し輪郭から書き始めた

ところに「先生しばらく」と来客が、先生はその来客との会話が弾み、手は動いているが

私の顔はあまり見ない?

「はい出来ました」と、いただくが似ていない (;゚Д゚)! その空気を察したのか先生は

1000円で良いです。得したのか損したのか。。。。。これが似顔絵です。

にがおえ

細君いわく、10年前の貴方はもっと厳しい顔してました。似てません。 私は小さな声で{はい」

たしかに、あのころの私に笑顔は無かった。小泉政権の規制緩和以降、業者の数が倍増、裏切り

弱肉強食の建設業界・・・・晴れた日に傘を貸し、雨が降れば取り上げる銀行・・・・

ダメ、ダメ、記せば延々と愚痴が出るだけ、やめましょう。

(でもゴルフでバーディーとった時はこんな顔してたと思う)



さてイベントの話し最終章

ほとんど、イベントの店舗レイアウトは4店舗ぐらいの「シマ」を作る。小用などで店を離れる

時にお互いに助け合うのが暗黙のルールなのです。

今回のシマは3店舗 「当店」 「びっくり工房(長野)」 「miki(岩手)」

mikiさんはアクセサリーのお店、感じの良いお嬢様と思いきや、2児のママでした。

シマ内に若い女性がいるだけで、シマが明るくなります・・・へへへ



び1

隣の「びっくり工房」さんは、当店より少し年配の御夫婦、2人とも常に笑顔でとても

仲良し、ジャンルは木工と皮、作品は工房名と同じでびっくりする物だらけ、さらに

巧みな話術・・・まず旦那が、「これ何だか分かります?」でお客様の足を引き止める

エー、何、おもちゃ? そこで奥様が実演、「自在ブックエンドです」 お客様は オー

面白いと買っていいきます、一個500円もナイス設定

び2
1がこれなーに  2がブックエンドに変身した画像  3が自在棚  4がキーボックスです


きわめつけはこれ

ふ12

何だとおもいます。

ふ13

そう、楽々立ち椅子です、座るととても楽チンでした。

ふ9

子供用の木馬も揺らすと前に進みます。お母さんにブログ載せますかと尋ねると

わー嬉しい、お願いします・・・て事で載せました。

びっくり工房さんには沢山勉強させて頂きました。



少し長くなりますが、花には賞味期限ならに賞見期限があるらしいので、我が家のあじさいです。

あ6


あ5


あ3


あ2


あ1


あ7

花に興味が無い人にはお詫びします。


さらなる、お詫び
私の前頭前野、オーバーホールの為、少しブログ休みます。
コメント、返信が遅くなりますが 5~6日で復帰いたします。
宜しくお願いします。



今後の予定
・あとりえ瑠璃絵と仲間たち  8月15日~16日   アトリオン3階展示場
・ABS Presents 第10回手作りデパート 10月17日~18日  秋田県立武道館
イベントにむけて頑張ります、応援クリックお願いします。
↓ (((^-^))) 秋田市情報をポチ、あ、ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

商品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ