See more details
INDEX

戦力外通告のガラスが輝く技法

トップ
戦力外通告をされたガラスで作りました。


時々、ブログで紹介していますが、切断したガラスを1層で融着するのは難しい、なぜなら

焼けたガラスは温度低下とともに収縮するからです。隙間なく並べたガラスでも、1層では

焼成後、窯出してみれば、隙間ができています。(まぐれもあるけど)

隙間が出来ない様に融着する方法は、一枚の透明なガラスの上に並べるか、並べたガラスの

上に透明なガラスを被せて焼くのが一般的です。

上下のガラスは左右に並べたガラスより接する面積が大きいので、先に上下のガラスが融着

し、左右のガラスが離れるのを防いでくれます、ただし、その分厚くなります。

数枚のガラスを1層で融着するには、並べたガラスの上に重石をのせて、その重みでガラス

が離れない様に押さえ込む方法があります(重石技法)・・・裏ワザもありますが

ただ並べたガラスに僅かでも隙間があれば失敗します。

一枚融着
これは、その技法で融着が成功したガラス、曲がった外側は融着後切断します。


失敗1

失敗2
こちらは失敗したガラス、焼付する前に隙間は無いと判断し窯入れしましたが (;>_<;)
隙間が出来ました、ガラスは繊細です、いや我儘です。


駄目
この様な状態では処置なし、融着は無理です。カッターは直線に入れましたが、ガラスの
機嫌が悪かったのでしょうか、勿論、窯入れは諦めます。

切断に失敗したガラス、我儘なガラスは戦力外通告しますが、まだ輝ける方法があります。


1つは粉々に砕いてパウダーにし、そのパウダーを他色のガラスにふりかけて焼成すると被

せガラス(色が2層になったガラス)が出来ます、被せガラスはサンドブラストで好みの絵

柄に削れます。

パウダーで混色のオリジナルガラスも作れます、パウダーだけでガラス板を作る技法もあり

ます。

二つ目はパウダーではなく、粒(フリット)にし。型に詰め込み焼成する方法です。

その技法の1つ、先ほどの画像で戦力外通告された緑のガラスを使ってみます。

まず、ガラスを2~3mm幅に切断し、それをガラス用のハサミで小さく切断します。
フリット


型の容量に合わせガラスの重さを計ります。
計量


型(キャスティングモールド)に粒(フリット)を詰めます、均等に詰める事が重要です。
キャスティング


高温で焼成すると完成です
トップ1

他にも色々使い道があります。

我儘なガラスですが、バカとハサミとガラスは使いようって事でした。


番外編
サラダ

失敗した皿で、朝食を食べました、この皿、右下だけ角度が違います (;>_<;)
失敗とはいえ、自分で作った器での食事は格別です。
「スキップとうちゃん」に見せたいですね。



今後の予定
・アート&クラフトフェア   6月26日~28日   秋田ふるさと村ドーム劇場
・あとりえ瑠璃絵と仲間たち  8月15日~16日   アトリオン3階展示場
イベントにむけて頑張ります、応援クリックお願いします。
↓ (((^-^))) 秋田市情報をポチ、あ、ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

商品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。

Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ