2015.04.26 Sun 09:17

花のお皿 続編です  ガラスに花を咲かせましょう


今日も快晴、春はイイですねー 花も沢山咲き始めました。

春


さて花のお皿続編です。

3色のガラスで円に切断するのはやはり難儀な作業でしたが、なんとか切断、そして

ヒュージング用ノリで仮接着

3色1


ガラスの下の白い紙は、粘着シートを剥がしたツルツルの紙です、普通の紙だとガラスに付

けたノリがわずかな隙間から下に落ち、ガラスに紙が引っ付いて大変なので、ツルツルの紙

を使用しています。


一度高温で焼き、ガラスの角を丸くします、透明のガラスが少しはみ出していますが丸みが

ついているので大丈夫です。(一枚融着技法です)

焼き


そしてドレーピング技法で皿をつくりましたが、焼きあがると、黒いガラスが約90度に曲が

りましたそして白は45度ぐらいに・・・失敗です。

(残念ながら撮影していません)


そこで、黒の部分だけ45度ぐらいに垂れもどす方法がないか、色々考えました。そして

挑戦、古い窯の蓋を数ミリ開けて、手前に白、奥は黒にして、スイッチオン、窯内の温度

分布は蓋側が低温、奥が高温になるはずです、そして黒が垂れたところでスイッチオフ

なんとか修復できました。

3色
(29日の手作りデパートに出品します)


諦めずに挑戦した結果でした。

しかし・・・花ビラが足りない・・・んー・・・悩める老羊なのです (-.-;)

次回は花ビラの面積を大きく、底を小さくして焼いてみます。




コラム 爽やかな青年 若いって良いなー

天気の良い日はサイクリングをする。コースは約10コース、今日は県道横山金足線コース
いつもの場所でUターン、前方を若き男性が走っていた。明らかにトレーニングスタイル
それにしても早い。私は自転車のギアを切り替え全速力で追い越してみた、やや疲れたの
で中速に切り替え走行。やがて足音が迫ってキタ━(゚∀゚)━!、早い。
しばらく並列で走ったらその若者が微笑んだ「早いねー、高校生?」「いえ、大学生です」
「疲れない?」「 苦しいです」でも爽やかな笑顔「頑張って」「ありがとうございます」
やがて上り坂にさしかかる、あっというまに追い越されてしまった/(-_-)\
遠い、遠い昔・・・私にもそんな時代がありました・・・・・・終わり。



春ですねー 気持ちよく、下の秋田市情報をクリック
↓ (^人^)お願いします、ポチ、あ、ありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

商品は自宅でも販売しています、お気軽にどうぞ
場所は、Googleマップ 「あとりえ 瑠璃絵」で検索出来ます。


Comments

Browntaro #- URL

以前から、私が作ってみたいとブログに画像も載せていたお花お皿ですね…瑠璃絵さんはいつごろからこのお花お皿の構想を練られていたのですか?

2015/04/26(Sun) 11:19       

Browntaroさんへ #- URL

Re: タイトルなし

理解してくれる同志が出来てからですね。
いろんな技法に挑戦し、作成した作品は癒しを与えてくれます。
これからも、工夫しながら、いろんな技法に挑戦したいと思ってはいますが・・・

2015/04/26(Sun) 11:47       

しむー #- URL

No title

ひとつの作品を作るのにも
いろいろと
試行錯誤が大変で・・・
それも
楽しみの一つなのでしょうかね。

2015/04/27(Mon) 00:34       

しむーさんへ #- URL

Re: No title

おはようございます。
そうですね、私は試行錯誤している時が
1番充実してますね。
失敗を重ね、また考え、また失敗し
ようやく辿りつく、そんな時間、プロセスが
好きです。

2015/04/27(Mon) 07:57       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top