See more details
INDEX

赤いガラスは、ガラスの異端児

ヒュージングに使用する板ガラスは色によって価格が

数種類のランクに別れます。着色ガラスでも透明系

不透明系に分かれ後者の方が高いです。

私がお付き合いしている商社では、不透明の赤(真っ赤)が

一番高価で、安い色の3倍以上します。

それには大きく二つの理由があるそうです。

まず、赤を出せる材料が少なく、かつ高価な事

はっきりした赤をだす為には金を使うそうです。

第二の理由は、発色の条件が厳しい事だそうです。

青や緑は空気中で加熱して、金属の酸化物を混ぜて作る事が

出来ますが、赤を作る時は、高温で着色料が酸素に触れると

別の色に変わってしまうので空気を遮断し、かつ溶けにくい

金を使用するため、制作が難しいとの事です。

たしかに、他の色のガラスは表面がツルツルしていますが

赤は凸凹しています、制作工程が違うからだと思います。

前回のブログにも書きましたが、寒くなると赤が人気です。

人気の赤で制作に励みました。

赤と黒

赤と黒のアクセサリーです。

赤

一見、同じような作品ですが、使用しているのは黒ではなく

深緑のガラスです、すかして見ればわかります

隠れたオシャレもいいもんですよ。

トップ

左から、真っ赤  黒が混ざった赤  焼くと赤から紫に変色するガラス



ネットで「赤の魅力」「赤の効用」など調べると色々と出て

きます。ガラスに限らず赤は貴重な色みたいです。

明るい赤は元気を与え人を積極的・活動的にさてくれるそうです。

暗い赤、濃い赤はストレスを和らげてくれるそうです。

私も赤は好きな色です。

赤い国旗の某国は嫌いですが、日本の日の丸は好きです。

私は日本人に生まれて良かったと思っています。

日本には沢山の文化があります、日本語はとても奥が深いです

なぜ、もっと日本語を使わないのでしょうか

「アベノミクス」なんて誰が考えたのでしょう

政治家や報道は、安易にカタカナ語を使い過ぎです。

おっと、御免なさい。「書き込み」は楽しくなければ、読んで

もらえませんね。

赤は、「あか」るいだけに良い色です、色も「いろいろ」な色が

あるので、次回は、柔らかい色の作品紹介します。

何か楽しい話を書きたいですが、才能がありません

今日はこれにて、失礼いたします m(_ _)m



いつもお願いばかりですみません、秋田市情報をポチっと
↓クリックお願いします。(^人^)多くの方に見てもらえます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ