See more details
INDEX

錆びた前頭葉を酷使し、新作ガラスに挑戦

昨夜は羽生選手に( ;∀;) カンドーシタ 私です。

やはり、彼は偉大な選手ですね。


さて

サンドブラスト、ヒュージング、共になかなか新作の

アイデアがわいてきません。

数ヶ月前にモールドを使ったパウダーヒュージングで

作品を作りました。商品価値はありますが、独創性には

今一歩、レンガで個性あるモールド(型)作りたいですが、

なかなか思うようになりません。

発想の転換、ちょっと錆びた前頭葉がピクピクしました。

ガラスでモールドを作って中にフリットやパウダーを入れて

ヒュージングしたらどうなる・・・

さっそく挑戦してみました。

出来上がりは以前のブログに載せています、そのからくりは後日

紹介する事にしていました、邪道だと思いますが、工程紹介します。

まずは、ガラスでモールドを作りました、形は単純な四角形から

だが以外と難しい、糊が流れて作業台に付いたり、ガラスが剥がれたり。

糊が固まるのに1日かかりますが、初日は失敗、2日目にようやく

完成しました。

新作1

つぎに、透明なガラスを細かく砕いたフリットを詰めます。

新作3

さらにモールド制作に使った色ガラスを細かく砕き、手頃な大きさのフリットを

選びます。

新作2

選んだガラスで模様をつけます。

新作4


そして窯入れ、焼上がりまで1時間10分、徐冷に4時間かかり、完成しました。

新作5

完成したガラスを水中でダイヤビットのついたリューターで穴をあけます。

穴あけ

マルカンを付け、革ひもをとおして完成です。

新作ネックレス

結構な時間を要しての制作となりました。

2回ほど、イベントに出展しました、お客さんは手に取ってくれますが

価格を見て、元に戻します。

今までの経験では、お客様が興味を示しても、買ってもらえない

商品は、次の出展で価格を下げると売れます。

でも、価格を下げる時、なんだか寂しい気持ちになってしまいます。

値引きは、創作意欲の障害になります。

価格に見合うだけの魅力ある作品を作ればいいだけの話ですが・・・


これからも精進してまいりますが、ガラス制作の工程を理解いただき

ガラス工芸の評価が少しでも上がってくれたら嬉しいです。

わがままな、おじさんの、つぶやきでした。


秋田市情報をポチっと
↓クリックお願いします。(^人^)多くの方に見てもらえます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村
Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ