2014.08.29 Fri 09:08

小さなガラスの美術品 とんぼ玉


しばらく、ブログが、「あとりえ」から逃避していましたが

瑠璃絵のブログに戻ってきました。

今日はとんぼ玉のお話です。

一口にガラス工芸と言っても多くの工法があります。

一番ポピュラーで自分で始めるにも、とっつき易い

のが、とんぼ玉かもしれません。

とんぼ
とんぼ玉

私も初めて習ったのが、とんぼ玉でした。

とっつき易いけど、奥の深さも知りました。

とんぼ玉はガラス棒を

バーナーで熔かし、鉄芯に巻きつける工法です。

ガラス棒
ガラス棒

バーナー

バーナーと工具です、後ろに見えるのが鉄芯に離型剤を

塗った棒、これにガラスを熔かして、巻きつけます。


ひたすら鉄芯を回し続けると、溶けたガラスが

遠心力で丸くなります。

慣れてくると、コテ等使って、形を整えます。

とんぼ玉に模様をつけるためには、事前に

レース棒、ミルフィオリ、細引き、ツイスト棒を

作成します、作成するためには数色のガラス棒を

熔かし、混ぜたり、かぶせたり、ねじったりし

それを細く伸ばして作ります。

レース
レース棒、ミリフィオリ、細引き、ツイスト棒

ここが最終的に作品の良否につながる大切な作業です。

中玉を制作しているところです。

作業
バーナーの火は写っていませんが、実際は空気と混合され
高温で出ています、ガラス棒が熔けて赤くなってます。

作業1
コテで形を整えます

中玉は慣れると数個同時に作成できます。

熔かすとガラスは赤くなりますが、少し冷やすと

元の色になります。

焼き上がり

あとは徐冷材に入れて30分待てば完成です。

出来上がったとんぼ玉は、本玉に中玉、小玉を組み

合わせて、アクセサリー等、作成します。

とんぼ玉3
かんざし

とんぼ玉2
ペンダント

とんぼ玉1
創作ペンダント

結構、奥が深いと思いませんか。

それでは 皆様 ごきげんよう ( ´ ▽ ` )ノ



秋田市情報を
↓クリックお願いします、励みになります。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田(市)情報へ
にほんブログ村

下の拍手もクリック頂ければ嬉しいです。


Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top