Post

2016.02.28  Sun  

家紋を彫る


今日は暖かく、朝から雨ですが昨朝は寒さとドカ雪にビックリしましたが、天気は快晴、雪国ならではの風景ですさて「あとりえ瑠璃絵と仲間たち」のメンバーからコップに家紋を彫る、オーダーを頂きました。基本的にオーダー品はアップしませんが「是非展示して宣伝に使って」との事でしたので、紹介します。 依頼者からは家紋名は源氏車、でも色々あるからとガラケーで写真を送って頂きましたが、画像がぼやけていました。ネットで...

2016.02.26  Fri  

オルセー美術館、リマスターアート


先日、アトリオンに行って3月の催し物案内を頂いてきました。「あとりえ瑠璃絵と仲間たち」開催中に2階美術展示ホールではリマスターアートとは この動画で( ^ω^)_凵 どうぞ展示会の絵画は写真撮影可、ルーペで見る事も出来ます(多分)2階までは、それなりのお客様数が期待できそうです、そこで考えました実はエスカレーターで2階に上がったところに、3階の案内看板を設置出来ます前回はワードで作成した案内を貼り付けまし...

2016.02.23  Tue  

布で描いた絵画


2月も残すところ1週間、早いですね~、今年は異常気象か雪もほとんど無くなり昨日は小鳥の訪問も、春は駆け足でやって来るのでしょうか先日私の拙いフォト575を、瑠璃絵東京支部長さんからサラ川ならぬ瑠璃川(るりせん)とのお言葉を頂きました、有難うございます。昨日、庭で見つけた瑠璃川です名残り雪 少し寂しいけど いずれ通る道ですねへへへ、こんな時代もありましたさて、今日は仲間たちの作品を紹介します、布で描...

2016.02.21  Sun  

手作り品、値付けの科学


前回のイベントでお客様から、ポケットのいっぱい付いたポーチが欲しいとの要望がありましたどんな物を入れますか?と尋ねると カード、スマホ、お金等との事。勿論、お客様の声には答えます製作した多目的ポーチ(カードポーチ)の内側です、ポーチを開けるとポケットが本体含め13ヶ所あります(画像、中にカード、スマホ、お薬手帳、お金等入ってます)そして外観です可愛いので裏も載せましたこのポーチ。1個作るのに約1日か...

2016.02.18  Thu  

ウエルカム 瑠璃絵


来月3月は誕生月です、そして来年は、前期高齢者の仲間入りです色々あって、色々考え、前期高齢者になるまでの1年ちょっとで、だいぶ古くなった私のハードディスクをクリーンアップ、最適化をする事にしました。先日は、10年以上お世話になった太極拳教室を退会しました、学ぶべき事は沢山ありましたが、この1年を振り返ると、内容が踏みとどまっています、ごちゃごちゃした時間が増えました。 クリーンアップの決断をしました...

2016.02.16  Tue  

ガシャッと一句! フォト575


先日図書館で借りた本良いですね、俳句とか川柳の縛りもなく自由にさらりと画像に575ブログでお世話になっている方も、時々、画像に合わせ短歌を載せています本の中で、気に入ったフォト575です飾りのない、さらりとした575良いですね画像も575もゆったり時間が流れ 腰のラジオ 良いですね私の好み、文句なく良い 画像と575ナイスマッチですねいますね、こんな人、サラ川ですね フォントも面白いここで問題です...

2016.02.13  Sat  

凧切れて 少年の日 抉ずなり


私の生まれ、そして少年期を過ごした地は、秋田市川尻新川町です、川が2回も登場しますが、家の前は道路を挟んで旧雄物川が流れていました。川幅は約100m川向は東北肥料の工場でした。 冬、北西の風にのせて川の上に凧をあげると障害物は無く、100m以上糸を伸ばせました、多分、凧の高さも50m以上あったと思いますこれぐらいになると、凧糸では切れてしまうので、太い紡績糸を使用し、凧には新聞紙を長く切って足を付けました...

2016.02.11  Thu  

題名の無い本 & ゚♡゚・。♥。・゚♡゚


前回のブログで一部、方言、秋田弁で記載したのはこの本による影響が大きいです表紙です題名が無いですね、へへ 背表紙に「男鹿寒風山麓方言民族誌」と書かれています著者は「もの言う百姓」吉田三郎氏 滅び去ろうである秋田の方言を「俺が集録せずして、誰がやる」との執念で書き上げた一冊、その方言数は1640語私が読んでも分からない「ことば」方言も沢山ありました。私は、現役時代、月一程度、業界団体の会議で上京していま...

2016.02.09  Tue  

桜、桜 ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦


教材に載っている桜の花びらが舞ったお皿です、この皿が気に入りました教材を一通り読み、流れは分かりましたが、又、自己流の虫が騒ぎました教材ではセラミックファイバーボードを四角に組立、中にガラスフリットを詰め窯入れして、皿の下地を作ります。このボードは不燃材でガラスが溶けても付着しない優れ物ですが、ボードの接面はガラスの輝きが少し失われます、そこで考えました以前も紹介しましたが、ガラスの四方にガラスの...

2016.02.06  Sat  

地図に無いガラス  その2


この画像ちょっとアップで撮り過ぎましたが、とんぼ玉用のガラスです一番左の太いのが、市販されているガラス棒、その他はガラスに模様を付けるパーツのレース棒、ミルフィオレ、細引きです、とんぼ玉はこれらのパーツは自分で作りますしかし残念ながら、キルン(窯)のガラスでこのパーツは使えません膨張係数なるものが大きく違うので、一緒に焼くと割れてしまいますキルンでは、ミルフィオレやストリンガー(細引き)はパーツと...
Top