See more details
INDEX

東北六魂祭 それぞれの想いと共に終演

昨日、東北六魂祭が無事終了しました。実は私の場合は西馬音内盆踊りの撮影が一番の目的でした。サンドブラストで段階的に砂の圧力を変えて制作した作品です。この絵は絵葉書を参考に少しアレンジして制作しました、他にパンフレットの絵を参考に制作した作品もあります。気にいった作品ですが、そこに立ちはだかる問題があります。それが著作権。  販売は出来ません。そこで、絵になる写真を自分で撮影し、その写真をベースに絵...

Read More »

とんぼ玉に花が咲きました。

前回のブログ、六魂祭の日にち間違っていました、誤字もありました(修正済み)スミマセンこのブログ、アップしたら、六魂祭に出陣です。さてとんぼ玉にもいろんな技法があります。その1つがこの作品「水中花」です。このガラスは、光によって色が変わるガラスです、太陽光、灯具の光などによって異なる輝きをします。今回はとんぼ玉の制作工程を紹介します。ガラスとの出会いはサンドブラストですが自分で最初に制作したのはとん...

Read More »

ガラスと布と花

いよいよ明後日は六魂祭ですね、楽しみです。さて新しい窯との仲も良い感じになってきました。最近は加熱中にプログラムを変更する技もマスターしましたが、一日中カチカチと長時間運転し電圧が変動するのが気になります。 省エネの時代です、いかに窯の運転時間を短縮するか(ガラスが暴れない範囲で)が課題ですね。これはスランピング技法で焼いた皿です、自分で型を作る強者もいますが、かなり面倒なので普通は出来合いの型を...

Read More »

ガラスあれこれ、これあれ

先日、ジョッキに彫った美女、反応があったのはやはり殿方だけでした。コメントでpip〇〇さんからも共感を頂き「魚も面白いかも」と提案頂きました。早速、水槽の中をイメージした図案を作成、ブラストしました。水槽の様な花器です美女、魚とくると頭にうかんだのは人魚、これも早々ブラストしました。こちらはジョッキさて、新しい窯で色んな技法に挑戦、窯の能力測定と性格判断をしています。今回はサギング技法、やはり重力を...

Read More »

問題の答え

前回のブログで問題を出しましたが、答えはフクロウの立体感のある絵柄付きのミニポーチでした。手縫いなので、とても手間のかかる作業ですが価格はリーズナブルに設定するそうです。次の作品は着物をリメイクしたブラウスです。最近、大人物は作っていませんでしたが、近所の方から、着物をリメイクしてブラウスを作る、オーダーを頂きました。お気に入りの着物みたいで、失敗は許されない。て事で。家にある着物をリメイクして試...

Read More »

初焼き、形は満足、ただし曇った

前回の続きです。完成品、形は気に入りましたが、ガラスが曇りました。工程です前回の窯入れ、スランピングで皿は平らになりましたが、曲がってた部分が曇り失透しました。やはり、初焼きは板ガラスでやれば良かったかなー・・・でも4月から工芸用ガラスが三割も高くなり大変なんです。この色で、この厚さだと、お皿より加工前の板ガラスの方が倍以上します、丸くカットして角を取るタックヒュージングして、サンドブラストで絵柄...

Read More »

オートマチックとマニュアルの窯

古い窯が退職した話し、新しい窯の製造中止は前のブログで紹介しました。製造中止とは聞こえが良いですが、製造会社がお亡くなりになった様です。て事は故障したら終わり・・・(;>_...

Read More »

さて、ここは何処でしょう

今日は残念ながらスッキリしない天気ですねー昨日は今年1番の暑さ、そして快晴さてここは何処でしょうここまでは見ても見当がつかないと思いますが分かったかな多分、この画像で分かった人も多いと思います。そうですゴルフ場です、仲間4人で秋田カントリー主催の「いき粋クラブ」のコンペに参加してきました、参加者は約150名、大きなコンペですが、あまりスコアには執着しないで、いき粋とプレー出来るのが、このコンペの魅力...

Read More »

ビールが美味しい季節になりました。

ビールと言えばジョッキ、透明なジョッキに何かブラストする事にしました。花・・・? 動物・・・? 牧水の酒の歌・・・? イマイチいながらにして、高級クラブで飲むイメージ・・・美女って事になりました。まずは、マスクを貼って、カット余分な部分(彫らない部分)は全てマスクして、砂で削れない様にします、マスクの仕方が不可で写真は載せません。そしてブラスト・・・完成なかなか良い感じなので、ぐい呑にも彫りました...

Read More »

旅人の喜び

クレマチスの花言葉は「旅人の喜び」 数年前は、我が家の前を通行する旅人の心を喜ばすほど、沢山の花が咲きました(地植えしてから10年かかりました)残念ながら次第に花数が減り今年が見納め、花が終わったら、大手術いたします。なぜなら、部分的にはまだ見れますが・・・こうなりました。私の髪の毛もこうなりましたが、処置は出来ません。(写真は品位を損なうので載せません)次回満開になるのは何年後かなー  それまで生...

Read More »

Recent Pics

東北六魂祭 それぞれの想いと共に終演

昨日、東北六魂祭が無事終了しました。実は私の場合は西馬音内盆踊りの撮影が一番の目的でした。サンドブラストで段階的に砂の圧力を変えて制作した作品です。この絵は絵葉書を参考に少しアレンジして制作しました、他にパンフレットの絵を参考に制作した作品もあります。気にいった作品ですが、そこに立ちはだかる問題があります。それが著作権。  販売は出来ません。そこで、絵になる写真を自分で撮影し、その写真をベースに絵...

とんぼ玉に花が咲きました。

前回のブログ、六魂祭の日にち間違っていました、誤字もありました(修正済み)スミマセンこのブログ、アップしたら、六魂祭に出陣です。さてとんぼ玉にもいろんな技法があります。その1つがこの作品「水中花」です。このガラスは、光によって色が変わるガラスです、太陽光、灯具の光などによって異なる輝きをします。今回はとんぼ玉の制作工程を紹介します。ガラスとの出会いはサンドブラストですが自分で最初に制作したのはとん...

ガラスと布と花

いよいよ明後日は六魂祭ですね、楽しみです。さて新しい窯との仲も良い感じになってきました。最近は加熱中にプログラムを変更する技もマスターしましたが、一日中カチカチと長時間運転し電圧が変動するのが気になります。 省エネの時代です、いかに窯の運転時間を短縮するか(ガラスが暴れない範囲で)が課題ですね。これはスランピング技法で焼いた皿です、自分で型を作る強者もいますが、かなり面倒なので普通は出来合いの型を...

ガラスあれこれ、これあれ

先日、ジョッキに彫った美女、反応があったのはやはり殿方だけでした。コメントでpip〇〇さんからも共感を頂き「魚も面白いかも」と提案頂きました。早速、水槽の中をイメージした図案を作成、ブラストしました。水槽の様な花器です美女、魚とくると頭にうかんだのは人魚、これも早々ブラストしました。こちらはジョッキさて、新しい窯で色んな技法に挑戦、窯の能力測定と性格判断をしています。今回はサギング技法、やはり重力を...

問題の答え

前回のブログで問題を出しましたが、答えはフクロウの立体感のある絵柄付きのミニポーチでした。手縫いなので、とても手間のかかる作業ですが価格はリーズナブルに設定するそうです。次の作品は着物をリメイクしたブラウスです。最近、大人物は作っていませんでしたが、近所の方から、着物をリメイクしてブラウスを作る、オーダーを頂きました。お気に入りの着物みたいで、失敗は許されない。て事で。家にある着物をリメイクして試...

初焼き、形は満足、ただし曇った

前回の続きです。完成品、形は気に入りましたが、ガラスが曇りました。工程です前回の窯入れ、スランピングで皿は平らになりましたが、曲がってた部分が曇り失透しました。やはり、初焼きは板ガラスでやれば良かったかなー・・・でも4月から工芸用ガラスが三割も高くなり大変なんです。この色で、この厚さだと、お皿より加工前の板ガラスの方が倍以上します、丸くカットして角を取るタックヒュージングして、サンドブラストで絵柄...

オートマチックとマニュアルの窯

古い窯が退職した話し、新しい窯の製造中止は前のブログで紹介しました。製造中止とは聞こえが良いですが、製造会社がお亡くなりになった様です。て事は故障したら終わり・・・(;>_...

さて、ここは何処でしょう

今日は残念ながらスッキリしない天気ですねー昨日は今年1番の暑さ、そして快晴さてここは何処でしょうここまでは見ても見当がつかないと思いますが分かったかな多分、この画像で分かった人も多いと思います。そうですゴルフ場です、仲間4人で秋田カントリー主催の「いき粋クラブ」のコンペに参加してきました、参加者は約150名、大きなコンペですが、あまりスコアには執着しないで、いき粋とプレー出来るのが、このコンペの魅力...

ビールが美味しい季節になりました。

ビールと言えばジョッキ、透明なジョッキに何かブラストする事にしました。花・・・? 動物・・・? 牧水の酒の歌・・・? イマイチいながらにして、高級クラブで飲むイメージ・・・美女って事になりました。まずは、マスクを貼って、カット余分な部分(彫らない部分)は全てマスクして、砂で削れない様にします、マスクの仕方が不可で写真は載せません。そしてブラスト・・・完成なかなか良い感じなので、ぐい呑にも彫りました...

旅人の喜び

クレマチスの花言葉は「旅人の喜び」 数年前は、我が家の前を通行する旅人の心を喜ばすほど、沢山の花が咲きました(地植えしてから10年かかりました)残念ながら次第に花数が減り今年が見納め、花が終わったら、大手術いたします。なぜなら、部分的にはまだ見れますが・・・こうなりました。私の髪の毛もこうなりましたが、処置は出来ません。(写真は品位を損なうので載せません)次回満開になるのは何年後かなー  それまで生...

Copyright © あとりえ瑠璃絵 ガラスと布 All Rights Reserved. まとめ